タイムレコーダーを活用した仕事効率化!

長時間労働は時代遅れ

企業の人不足は深刻ですが、そのせいもあって長時間労働はなかなかなくなりません。しかし、このまま行けば労働力は売り手市場になって、労働者による企業の選別が始まるのも時間の問題です。忙しいからといって、長時間労働をさせるのは、時代の趨勢に合いません。それよりも時間管理を徹底して、時間あたりの生産効率を上げる方向へと持って行くことが重要です。日本企業の文化の中では、上司や先輩が残っていると帰りにくいなどの理由で、生産性の低い残業が増えています。そのような悪弊を断つのには、掛け声だけでは難しいです。あまり価値のない残業をさせない工夫を会社の仕組みとして作ることが重要です。始めは強制力をもって残業抑制を行えば、それが徐々に企業文化となって行きます。

時間管理で作業を効率化

それでは、具体的にはどうすれば残業を減らして作業を効率化出来るのでしょうか。それにはまず、実際に働いている時間の管理が必要です。勤務時間をタイムレコーダーできちんと計測して、その時間での生産量をチェックすれば、単位時間あたりの生産量が分かります。この求められた生産量に対して目標値を設定するのです。試しに残業をした場合に生産性がどうなっていくかも調べてみると、面白い結果が出るはずです。長時間働けば、それだけ生産量は増えますが、単位時間あたりの生産量という面では、むしろ低下するはずです。長時間労働は決して効率のよい働き方ではありません。職場の生産性を上げたいのなら、一人の労働者に長時間労働をさせるのではなく、複数の労働者を雇って、仕事を分割させた方がより効率的になります。

© Copyright Time Control. All Rights Reserved.