遠隔から勤怠管理できるタイムレコーダーとは?

クラウド型の勤怠管理を使用する

勤怠管理をするのに社員の近くに勤怠管理者がいる必要はないです。クラウド型の勤怠管理システムを利用すれば、管理者がどこにいても管理することができます。遠隔管理をするのに必要なのはお互いの信頼です。ごまかしや不誠実な態度があると勤怠管理は難しくなります。管理者を信頼してもらうのと同様に社員を信用する必要もあります。遠隔で管理する以上全ての行動を確認することは難しいからです。ただ営業拠点などが全国にある会社などではこの遠隔管理は有効です。確認は支店長などの管理者がすればいいのです。クラウド型の勤怠管理は一括管理をする上ではかなり役に立つ技術です。給与と連携させたりすることもできますので、残業代などを改めて計算する必要がないからです。他の業務と連携できるという点だけでもクラウド型の勤怠管理には価値があります。

ICカード打刻や指静脈打刻などをすれば見逃しがない

クラウド型の勤怠管理には打刻の形態がいくつかあります。その中でもICカード打刻や指静脈打刻などを利用すれば本人確認の必要性がなくなります。出勤していない人が出勤しているかのように装うことはできなくなりますし、他人が成りすますこともできません。遠隔管理をするにあたって、その点を心配だという会社にとってはこの方法は有効でしょう。信頼関係が出来上がるまではこのような対策は必要かもしれません。休日管理や残業などを申請管理することができますので、働き方を変えたい会社にとっても遠隔管理のタイムレコーダーは役に立つでしょう。残業などをするときにICカードを利用することで、本人が申請していることが分かります。このような使い方ができれば、遠隔地にいても勤怠管理は可能です。

© Copyright Time Control. All Rights Reserved.