「働き方改革」に欠かせないタイムレコーダー

エンドレスな働く時間から開放

働き方改革のためにはタイムレコーダーが欠かせません。時間が来たら働くことを止めるという感覚を養うためです。エンドレスに働いていた労働環境を変えるためには、時間で区切った働き方が必要になります。時間が来ても働いていた環境を変えることは、エンドレスに働いていた労働からの解放につながります。タイムレコーダーが導入されれば、好き嫌いにかかわらず働くことができなくなるからです。残業することもできなくできますし、労働時間は適正に管理できます。働き方改革としてはこの適正な労働時間が大事なのです。働き続けることは悪いことではありませんが、適正に働くことを重視しないと以前に戻ります。エンドレスに働かないためにはこの意識改革が大事です。

労働時間内に仕事を終えるための工夫

タイムレコーダーが導入されると、労働時間は制限されます。そのために仕事が残っているのに帰らなければならないという状況が起こりえます。そうなったときに時間を延ばすのではなく、仕事の仕方を変えるという方向に変える必要があるのです。集中して仕事をするとか、仕事の枠組みを変えるとか、工夫をするべきところはたくさんあります。一人に偏っていた仕事量の配分を変えて、他に分配するなどの工夫は改めてする必要があるのです。工夫が上手い所は時間内で仕事が終えられるようになります。できないのは工夫が足りないからか努力が足りないからとなってしまうのです。時間をむやみに増やせばいいということではなく、働き方自体を変える必要性に迫られています。

© Copyright Time Control. All Rights Reserved.