勤怠管理のこれから「タイムレコーダー最前線」

今までの勤怠管理の現場では

仕事をする上で勤怠管理はとても重要です。それに乗っ取ってお給料の計算をする事になるのでミスや不正のないようにしなくてはいけないものです。しかし今までの勤怠管理は、タイムレコーダーで行っている企業が多く、アナログなやりかたとしてはタイムカードを専用の機械に通して勤怠の管理をしていました。このやりかたは本人でなくても容易に操作する事ができてしまうので実際には遅刻をしているのに、代わりに他の人がカードを通すことで出勤しているかのような記録を残すことができてしまうのであまり良い方法ではありませんでした。パソコンの画面上での勤怠管理も同じような事で、簡単に操作して出勤している事を残すことができてしまうようになっていたのです。

最新の勤怠管理システムとは

これからの勤怠管理は、本人でなくては管理ができないようなシステムになりました。それは指紋認証機能をつけた事です。指紋はその人本人でなくては一致しないものですので不正のしようがありません。しかし、このシステムはその日によって指紋が認証されにくい日もありますので、何度か認証されないとエラーになってしまい、そうなると手動で操作していく事になるので絶対に他の誰もが操作できないわけではありません。アルバイトの人が認証されなくなってしまった時は、社員さんのみがその操作をする事ができるなど徹底していかなければタイムカードと同じように不正を働く人が出てくる可能性もありますので、便利な機能ではありますが注意が必要になります。

© Copyright Time Control. All Rights Reserved.